読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

シン・ゴジラ


『シン・ゴジラ』予告

 

俺にしては珍しいことが2つ。俺の話などどうでも良いのだということは、充分承知している。しかし、なのだ。凡百の俺の中のひとりである俺が、公開すぐに映画を見たのは、そして見終わって、興奮しながら、憑かれたように映画のパンフレットを買ったのは、若干50数年の生涯の中で2度しかない。

 

最初の、そしてこれまでの最後だったその作品は、ザ・バンドの『ラストワルツ』だ。俺は友人と夜を徹して並んで公開を待った。先着50名様に、ザ・バンドのギターリスト、ロビー・ロバートソンのサイン入り写真が配られるというのを聞いたからだ。

 

見終わってパンフレットを購入した。しかし、それは友人と徹夜してまで見た映画だという、ある種のピア・エフェクトもあったろう。1978年公開…40年近くも前のことだ。

 

しかし、『シン・ゴジラ』である。俺は初代ゴジラ世代ではない。俺の記憶にあるゴジラは、ミニラを尻尾で遊ばせているソフィストケイトされた(皮肉だが)姿だ。

 

庵野監督にはこれまでにも何度か肩透かしを食わされている。途中までのテレビ放映の『エヴァンゲリオン』の余波で、最新作まで見てきたが、スッキリした例がない。

 

この『シン・ゴジラ』を公開翌日に見たのは、その日が日曜日という休日だったから、以外の深い理由もない。時間帯がちょうど良かったのと、そうは言っても見続けてきた庵野監督の新作であるからだった。

 

勿論、俺にとって、その凡百の俺の中のひとりに過ぎない俺にとってという限定を付けて言うのだが、傑作だ。何度も何度も涙を拭いた。そして当たり前のように、初めて映画を見た少年のようにパンフレットを買っていた。感動しただけでは、見ただけでは足りなかったのだ。

 

作り手として、あまりに多くの自由を手に入れたあまり空中分解しかけているのが、エヴァンゲリオンだとしたら、(百万言を費やしたとしても、少なくともドラマとしては、明らかに破綻しているだろう)大きな不自由な「ゴジラ」という枠組みと格闘することで、何をすべきなのかがはっきりと見えている。そのはっきりと見えていることで、この映画には、映画の魅力であるハラハラもドキドキもワクワクもイライラも、そして快哉を上げる瞬間も、全てが揃ったのだ。

 

それを傑作と言うのではなかったか?


そしてこの方法論が、即ち、これまでの全てを、スッとぼけてなかったことにし、映画として完結させるというやり方をエヴァの最新作に援用するとしたら…楽しみだ。