ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

それからの『豊穣の海』

f:id:jerryrollsunny:20160705203954j:plain

 

結局、図書館で借りて『豊穣の海』は「春の雪」を読み始めた。読み始めてまだ数十ページだけれど、ここまでの感想を述べる。

 

白状すると、俺は三島由紀夫の小説はあまり読んだことがない。『小説家の休暇』を始めとして、その評論は随分と読んで、感銘を受けた。こんなに頭が良い人は見たことがないと、俺が言うのも烏滸がましいが、そんなふうに思って読んでいた。

 

そして、今、こうやってその小説を読んでみると、小説というのは改めて恐ろしいものだと思う。そんなに頭の良い、骨組みのすべてを透徹な理論で組み上げて行くような人でも、小説を書くと、こんなにも…なんというのだろう…露わなのだ。恥ずかしいほど露わに、自分を曝け出してしまうのだ。

 

どこがどのようにという指摘は、俺はしない。言葉の選び方のひとつひとつ、そこから指し示される方向性、進んで行こうとする先、そういった諸々の全体から滲み出てくる彼の恥部だ。

 

三島由紀夫が手綱を取り、ねじ伏せているはずの「小説」は、それ自体で、彼の思惑を離れて、自在にその活動を始めている。ここから見るとそんなことが感じられてきた。

 

恥ずかしくて、だからこそ「人」というものが立ち現れるのだ。俺は、小説というものの底知れなさ、奥深さを感じている。