ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

技術的特異点(シンギュラリティー)

f:id:jerryrollsunny:20160509224319j:plain

 

俺の理解だが、機械が、それ自身で自らを良くするようになった時のことを技術的特異点というのではないか。コンピュータが、自身の判断でもっと良くなるためにはどうすれば良いのかという工夫をし始めること。そのコンピュータを搭載したあらゆる機械も同様だ。

 

例えば、スマートウォッチが、持ち主のバイオリズムと連動して、次はもっと良いタイミングで起こすことができるように工夫を始めること。エアコンが、不快感を示した人の位置と体感温度を察知して、ある部分の温度を上げ、ある部分を下げるように、ファンの角度を調整する。

 

そうなった時、その機械は人類を滅ぼすかもしれないというホーキング博士の危惧は良く分かる。そして、池谷裕二博士によれば人間の頭脳のポテンシャルは並みじゃないと言う。じゃあ、人類、自分の技術的特異点がどのベクトルにあるのか、その方向を探り当て、その分水嶺を越えよ。

 

何故俺たちは、ソクラテスを読んで感動しなければならないのだ?進化せよ。深化せよ。まだ誰も見たことのない人類へと。