読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

夏五月

f:id:jerryrollsunny:20160504092950j:plain

 

ある時、それはまだ俺が池袋の下宿でぼやぼやしていた頃の話だ。当時付き合っていた人は、歴史の勉強をしている大学生で、ちょっとエキセントリックな言動が可愛い、腰の細い女の子だった。

ある時、俺の6畳一間、風呂なし、トイレ共同の部屋の、薄っぺらい合板のドアをドンと開けて、入ってくると「夏五月!カルピス!」と布団の中にいる俺の目の前に、カルピスの瓶を突き出した。

聞くと「カルピスはプレゼント。『夏五月』は、春秋左氏伝から引用」と言って笑った。

いや、それだけの話しだ。それだけの話しだが、五月になると思い出す。