ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

真崎・守

f:id:jerryrollsunny:20160420213714j:plain

 

少年時代に出会って、その後の俺のメンタリティに大きな影響を与えた作家のひとりに、真崎・守がいる。

 

最初に読んだのはおそらく『ジロがゆく』だったろうと思う。いや、『はみ出し野郎の伝説』だったろうか。とにかく、小学館の漫画文庫に収められていたそれを、駅前の本屋で見つけて、何度も読んだ。何度もだ。あの頃、俺は、いや俺たちは、ひとつのマンガを何度も何度も、本当に本の縁が擦り切れるまで繰り返し読んだものだ。

 

メタファーと韜晦と青臭さと諧謔と、背伸びしたい盛りの俺にうってつけの屁理屈と、そうして俺は時代錯誤した。

 

そうして、時は止まったままなのかもしれない。