読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

自由に

「こうじゃなければならない」と思いがちだった。

夕食後に一仕事、それは実際の仕事というよりは、自分を良くするために何かをしなければならないと、そんな感じ。

ランニングをしたり、サーフィンをしたり、英語の勉強をしたり、自重トレーニングしたり。

それがここのところ、妙にモティベーションが下がっている。

それを「老い」と結びつけて考えていた。

俺は、もうダメなのかもしれない。俺はもう「老いた」のかもしれない。

それをそのままとても好きな人に相談してみたら、「良いんじゃないの、自由にして」と言われた。

 

そか。

 

良いんだ。自由にして。四六時中、自己啓発的に生きなければならない言われもないだろう。勝手に生きよう。そう思って、取り敢えずは久生十蘭の『ノンシャラン道中記』を読み始めた。