読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

スルメのようなグレイトフルデッド

音楽

 

Vol. 31-Dick's Pick 8/4-5 Philadelphia Civic Cente

Vol. 31-Dick's Pick 8/4-5 Philadelphia Civic Cente

 

 ジェリー・ガルシアのことはこれまでにも言及したことがある。

 

jerryrollsunny.hatenablog.com

 

先日、こんなことがあった。俺のラップトップには、デッドの骸骨マーク、ライブアルバムの『Steal Your Face』のジャケットが分かりやすい、あのマークのステッカーが張ってあるんだ。その私物のラップトップを職場でいじっていたら、同僚のアメリカ人が、「久しぶりにそのマークを目にした」って、「懐かしいよ」って言ったんだ。

 

Steal Your Face

Steal Your Face

 

 

聞けば、年の離れたお兄さんがデッドヘッズ(デッドのファンのことをこう呼ぶんだ)なんだって。そんなやり取りをしてから、俺の頭のなかには何年かぶりでガルシアのギターソロが鳴り始めた。彼、アメリカ人の友人の誕生日はジェリー・ガルシアの命日と一緒なんだって。

 

そのアメリカ人に子どもが生まれて、「今、その兄貴と父親が子どもに会いに来日してるんだ」って言ってた。ふうんって思って、その兄貴も自分の弟が日本人と結婚して、日本で子どもを生むなんて思っても見なかったろうなって思った。そして、その甥に会いに、オヤジと日本に来ることになるなんてね。

 

そして弟の同僚とデッドの話をしているとかね。

 

デッドって、ライブ会場での録音を許していたから、色んな音源が残っていて、それが次々に発表される。冒頭に貼り付けたのは、ディックさんが録音していたから『Dick's pick』。Vol.31っていうので分かると思うけど、いっぱい発表されている。頭の中で久しぶりに鳴り始めて、我慢できなくなってこのアルバムをダウンロードした。

 

プレビューであれこれ聞いていたら、このアルバムの「Me & Bobby McGee」っていう曲で、ガルシアが歌詞を間違えたような気がしてさ。面白なって思ったんだ。

 

緊張が溶ける。一生懸命でもリラックスしていても良い。威張らなくて良い。楽しめ。

ライブをまんま貼ってみます。流しっぱなして眠りましょう。

 


Grateful Dead October 17,18,&19 1974 Winterland ...