読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

へこたれ

雑感


大文字:豊田勇造 - YouTube

 

仕事というものはそういうものかもしれない。自分が売り込みに行っているものが、売るに値するようなものでないことを薄々感じながら、いや、重々承知しながら話をする。

 

その自分が感じている矛盾を解消すべく課内でコンセンサスを得ようとしても、俺だけが空回りを繰り返しているような感触を持つ。

 

俺の商品知識が上っ面のものでしかないことを突きつけられるような、穿った質問を突きつけられる。

 

これが仕事を始めたばかりのものならともかく、定年も見据えて仕事をしている身での体たらくであるだけにへこたれる。

 

清志郎の声で「どんなにヘビィな時でもどんでん返しを待ってる」と聞こえてくる。

 

マディ・ウォータースの声で「I got my mojor warking but just don't work on you.」と聞こえてくる。

 

豊田勇造が「さあもういっぺん、さあもういっぺん、夜が明ける前に」と歌う。

 

俺はまだ大丈夫だ。