ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

Run Away

f:id:jerryrollsunny:20140329170141j:plain

 

弱っている。

 

構造的にそうであるものを、なんとかそうじゃないようにしてきたつもりだった。ところが夢中で格闘した時期を終えて顔を上げてみると、実はその組織を支えている人たち自身が、その構造そのものを支えているのだということに(ここに至って)漸く気づいた。

 

オブラートに包む余りに、非常に曖昧模糊とした説明しか出来なくて申し訳ない。

 

気づいた瞬間に恐ろしく老けた。

 

一瞬にして老けた。

 

大丈夫。こんな時に複雑なことを論理的に考察しようとすれば隘路にハマる。ところが英単語の暗記なら出来る。何かしていれば気は紛れる。そう。生きることの上に更に意味付けをしようとしたからいけないのだ。意味も分からず「実存は本質に先立つ」と斜視の哲学者のモノ真似をしていたら気が紛れてきた。

 

大丈夫。ちょっと休んだら立ち上がる。