読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

ひと夏の挑戦

f:id:jerryrollsunny:20130706142007j:plain

 

ひと夏という括り方をしてしまうのは、少年時代の「夏休み」という感覚で培われたタイム感なのだろう。実際、「このひと秋かけて」とか「ひと春でどれくらいの達成ができるのか云々」とは言わないだろう。言ったとしてもしっくり来ない。

 

さてこそ、俺のこのひと夏の挑戦なのだが、まずこの夏は記録的な旅暮らしだ。10日間仕事で韓国に行き、帰国した翌日から信州へやはり10日ほど行く。信州から帰るともう夏も終わりだ。

 

その旅のお供にと思い買い込んでみた。Kindle版と迷ったが、やはりここはどれくらいの嵩を稼いだか視覚的に確かめられる方が、挑戦として相応しいのではないかと思い、ペーパーバックにした。

 

いったい「誰」の「ために鐘は鳴る」のか。この挑戦が成功すれば、秋の俺はこれまでの俺とは違う。『誰がために鐘は鳴る』を読んだことのある俺になる。

 

なぁ、アーネスト。

 

そうやって星に向かって語り掛けることだって出来るようになるだろう。楽しみだ。