読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

整体

サーフィン 雑感 自転車

f:id:jerryrollsunny:20130610124739j:plain

 

そんなわけで整体に出かけた。

 

整体というと魔術師のような人が居る。あるサックス・プレイヤーは、演奏している様子を見ていた整体師の先生から「左の肺が動いていませんね」と言われたという。「ちょうどその頃、演奏していてしんどくて仕方ない時期だったからびっくりした」と。

 

そして「横になって背中を触られているうちにドンドン楽になった」とのことだ。

 

俺が通う整体は、おそらくそのようなマジックハンドは持っていない。その証拠にいつ行っても待たされるということはない。もっと言うと、いつ行っても俺以外に患者がいたことがない。

 

楠勝平のマンガに出てくるような先生が、受付に座っている。

 

彩雪に舞う…―楠勝平作品集

彩雪に舞う…―楠勝平作品集

 

簡単な問診の後、低周波治療を受け、マッサージを受ける。正味30分ほどだ。その最中にボソボソと「まだ朝起きる時、痛みがありますか?」とか「最近、何かしんどい仕事とか、無理とかしませんでした?」とか聞かれる。

 

まさか、サーフィンをやってとか、自転車に乗って仕事に行っているとは言えないので、「まぁ、ちょっと痛いっすね」とか「あぁ、ちょっと無理しちゃったかも知れません」とか言いながら、腰をさすられている。

 

夕暮れにそうやって、マッサージを受ける。硬くなった筋肉がほぐれていく。

 

別に俺はこれで構わない。ほぐしてくれさえすれば、あとは俺がなんとかする。