ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

尿酸値が高いのでクエン酸を飲む

f:id:jerryrollsunny:20130503144313j:plain

 

尾籠な話である。

 

春の健康診断で、尿酸値の値が2年連続で高く、(昨年度は7.2mg/dlだったのが今年は7.9mg/dlになっていた)要再検査という結果が出た。

 

このまま放っておくと面倒くさいことにもなりそうなので、対策を取ろうと考えた。面倒臭いことというのは、端的に言って医者通いだ。

 

ネットで色々調べてみると、血液をアルカリ化することによって、体内の酸を溶解して排出することができるようになるらしい。イメージとしては、黒い粒子を墨汁で洗い流そうとしても流れなくて、牛乳に溶かして流そうとする。それが俺の理解だ。

 

クエン酸の結晶を500グラム購入し、それを水に溶かす。とにかく沢山の水を飲んで、排出することが必要だというので、一日に2リットルを自らに課した。

 

そう言えば、昔、古今亭志ん生師匠は一日に水を1升飲むという話を聞いたことがある。

 

そうして過ごし始めて3日め、物凄い尿の量に辟易しているし、人間の身体の単純さに感服もしている。入れたら、出る。そういう仕組になっている。夜中に3度、トイレで起きる。それは却って身体に悪いのではないか。

 

でも良い、洗い流そう。クエン酸で。