ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

犬が来た

f:id:jerryrollsunny:20121103140110j:plain

 

知り合いが犬を飼い始めた。飼い始めたら奥さんがアレルギーだったということが判明して、泣く泣く引き取り手を探してもらうことにした。取り敢えず、大阪の両親の家に引き取ってもらっていた。

 

そうして9ヶ月が経ったところで、やはり老齢の夫婦には無理だしむしろこの犬が可哀想だということで、改めて貰ってくれる家はないか探すことになった。

 

それを聞きつけた犬好きの妻が「だったらウチが!」と勝手に名乗りを挙げた。

 

結局俺の家に貰われることになったその犬が、昨日、大阪からの長旅を終えてやってきた。

 

犬種はビション・フリーゼ。血統書まで付いている。これまで俺が飼ってきた犬は、柴犬的な日本風の雑種しかないので戸惑っている。

 

下の息子は一目見るなり「すごいね」と呟いた。何がすごいねか分からないが、俺は「環境の変化というのは、こんなふうにある日突然訪れて、そしてすぐにそれが日常的になってしまう。それってすごいね」という意味なのだろうと解釈している。

 

犬と一緒に暮らすのは20年振りくらいだ。まずはご報告。