読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

酒 タバコの功罪

f:id:jerryrollsunny:20121020160520j:plain

 

酒、タバコがそんなに身体に悪いのなら、不味ければ良いじゃないか。えっ?、神様。

そんな風に絡んでいるエッセイは松尾スズキのものだったろうか?

 

死亡率が何%上昇するだとか、そんなものであるならば、どうしてそれを「か〜、んめぇなぁこれ」ってものとして、人にお与えになったのですか?ということだ。

 

先日、宵に紛れて町をふらついている時、エクゾーストパイプからのガスですら、人恋しくアドレッセンスな日々を思い出させるっていう時に、ふと紫煙が流れて来て。3年振りくらいに「あ〜、タバコ吸いたいな」って思ったのだ。

 

吸えば良いじゃないか。

 

そう。健康が云々じゃなくて、吸わないって決めたから吸わないだけだ。吸いたくなったらいつでも吸う。これを吸ったら明日死ぬぜって言われても、本当に吸いたくなったら吸う。酒も飲む。

 

何故なら神様は、我々に乗り越えられないような試練はお与えにならないからだ。

 

 

Q.E.D(証明終わり)