読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

いつもの町

f:id:jerryrollsunny:20121006164908j:plain

 

いつもの町に20年住むといつもの町じゃないようにしたくなる。生来の飽き性は不治の病らしい。つまり

 

これまでに5回の引越し。それは大した数ではないにしても。

 

20年以上ひとつの町に住むと引っ越したくなる。その町の持っていた新鮮さをもう一度取り戻したくなる。その癖、実際に引っ越してみるとその町の何も知らなかったということに思い至ることは自明だ。その繰り返しであることは分かっている。

 

以前、すぐ隣の町に引っ越したことがある。それでももう前のその町は「俺の」町ではなくなっていた。

 

池袋に下宿していた頃、東武や西武デパートが、下宿のすぐ近くの銭湯と同じ地続きにあることが嬉しかった。たまさか大学の同級生にすれ違うと「お前にとっては大学のある町かもしれないけど、俺は、ほら、住んでる所だからさ」と、スウェットにサンダル履きの姿の言い訳をした。

 

本当は毎日ちょっとずつでも住んでいる町を変えたくなる。毎日ちょっとずつでも見える景色を変えてみたい。

 

昨日、友人が夜中に「ここはどこだ?!」ってツイートしてた。その後で「だから焼酎は好きじゃない」って。そんな発見、驚きでも良いんだろう。酔って眠って気が付いたら新幹線の車中ってのはどうだろう。調子に乗って、気が付いたら国際線のラウンジ…って想像し、パスポートに考え及んでシラけた。

 

ちっ。