読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

ラフティング

雑感

f:id:jerryrollsunny:20120926114636j:plain

 

川下りというイメージで、友人がガイドをしているラフティングというものに参加した。

 

ウエットスーツを着てライフジャケットを着て、アクアシューズを履いて…までは良かったのだが、ヘルメットをかぶり、そのガイドから「ホールド・オン!と私が叫んだら落ちないように身を伏せて」などの説明を聞いているうちに少々の疑念が浮かんだ。

 

「川下り…?」

 

「瀬に入ったら…流れの早い所を『瀬』と呼びますね、この流れには幾つもの『瀬』があります」という説明を聞いている間に「瀬を早み岩にせかるる滝川の割れても末に会はんとぞ思ふ」なんて百人一首を思い出している余裕があったのはそこまで。

 

川の流れに揉まれ、飛沫を浴び、淀みにあっても気持ちいい速度で行き過ぎていく川底の小石を眺めていった。全身ずぶ濡れになりながら、清澄な川のせせらぎとイオンに癒された。

 

やはり思った。「流れ」が命だ。「流れ」が全てなんだ。