読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

自転車パンク修理

クロスバイクに乗って自転車通勤しながら、いや、それが日常になってればこそ、パンク修理をしたことがなかった。

パンクそのものも、前輪が一回、後輪が一回程度だった。それも確か休日だったような気がする。

 

3週間ほど前に、後輪がパンクした時は、通勤途中で、慌てて辺りに自転車置き場を探し、月極だというそこで、1日券なんてのを購入し、また慌てて近くの駅まで走り、バイスクルの格好のまま、また汗臭いまま通勤列車に乗って、職場まで行った。

 

そこで同僚にこれこれだと自嘲気味に話すと「パンク修理くらいできないとね〜」と揶揄されたので、やったるわいと自分でチューブを交換するも、翌日またなぜかすぐにまたパンクしてしまい、呆れて、その自転車を購入した自転車屋に持ち込んだ。

 

目の前でパンク修理をしてもらいながら、自分の手順が明らかに間違っていたことに気付いた。俺はタイヤをリムからずらして、その隙間からパンクしたチューブを引き抜き、ご丁寧にまた隙間から新しいチューブを押し込んでいく。

 

明らかにその過程でチューブはよじれ、ねじれ、をしていたのだろう。

 

自転車屋さんは楽々とタイヤをリムから「外して」チューブを引き抜き、軽く空気を入れて形になった新しいチューブをタイヤに入れてから、リムに取り付けた。

 

これで2300円也。

こんどは自分で出来るもん。

でも妻は「もう二度と自分でやろうとしないで」と言う。

 

f:id:jerryrollsunny:20080921073056j:plain