読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

イギリス-1

イギリス

うわぁと思ったことは、これまでの人生で山ほどあるのだけれど、生まれて初めて海外旅行に行ったのは、社会人になってからも相当しばらく経ってからだった。

 

しかもイギリスまでのひとり旅。3週間語学学校に行った。滞在はホームステイ。

 

予約したチケットは大韓航空で、ソウル乗り換えだった。空港で待っていると、次の人達は、ちょっと来てくれと呼ばれて、なんかロビーみたいな所で待たされた。なんか良く分からない理由で、あなたの予約した飛行機には乗れないから、別な飛行機に乗るようにしてくれと言われた。今考えると、オーバーブッキングだったんだけど、なんせ初めてのことで分かんないから「え〜!」なんて思ったりした。ブリティッシュエアウェイズの直行便に乗り換えてくれって言われたのにね。

 

同じように呼ばれた白人は「なにかご希望はございませんか?」って言われて「ファーストクラスにして欲しいんだけど」って言ってるのを聞いて、あ、そんな冗談が出るような状況なんだ。つまり危機的状況ってわけじゃないんだって分かった。

 

直行便でずっと早くなったはずだけれど、それでも気が遠くなるほどのフライトの終了間近、ヒースローに着陸するまえ、航路がテムズ川上空に差し掛かった時、「うわぁ」と思った。見たことあるテムズ川、ロンドン・ブリッジ、ビック・ベンが次々眼下に現れる。「嘘だろ?」と思った。

 

あそこをビートルズは、ローリングストーンズは歩いたんだよ。そう思った。そこにこれから降りていくんだって。純で可愛いよね、俺。

 

そして、ヒースローからロンドン市内まで地下鉄で行ったんだ。ヒースローからホームステイ先まで電話掛けたんだ、俺。それまでコンタクトを取ってなかったってのが、今にして思うとワイルドだな。留守だったらどうするつもりだったんだろう。

 

彼が指定してくれた駅まで無事に辿り着き、ピックアップしてもらったのさ。

 

 

f:id:jerryrollsunny:20060722223908j:plain