読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジグ・ノート

備忘録のような形でつらつらと…

Toeic 900点を越えた(微妙に)

取り敢えず、ここで一度TOEICから離れ、英検1級へスライドする方向で考えている。 特別なことはしなかった。リーディングについては、直前に公式の問題集を解いた。 うん、これは純粋な自慢だ。但し、このスコアと英語力がリンクしていないことは、重々承知…

英語ができるようになるには

「できるようになる」という発想を捨てることだ。じゃあ俺は日本語ができるのかと自問して、ある言語が「できる」とはどういうことか考えてみるが良い。 それが大前提だ。そしてその上で、「俺の武器は、今のところ、これしかない」とドラクエの武器で言え…

夏が終わる

いや、随分前に終わってたろって言われるかもしれないけど、でも改めて宣言しておこう。 夏は終わったよ。アロハはもう着れないよ。 誰かがどこかに書いていたけど、今年もあと100日だ。 それはそうと、久しぶりに単語帳を取り出してみたら、自分の暗記力…

この連休で

昼飯を抜いて午後に突入しなければならないことがあり、また、その午後の仕事の後に気の置けない友人と居酒屋に行ったもんだから、グルングルン飲んでしまい。 その飲んだ場所が俺の住む街から電車で60キロほど離れていて。また乗り換えも普段使う路線とは…

あれこれ

色々とヤバイことが重なって、転びそうになる。昨日は、そんな自分を大事に9時過ぎに眠ってしまった。ずっと昔に読んだ『エロイカより愛を込めて』で、伯爵が「とにかく寝よう」と「寝ればやがて活路が見出だせる」と言って(正確ではない。可愛い彼女に借…

夜のお楽しみ

これまで使っていた勉強机は、自動的に息子のものとなり、俺は寝室の隅に埃をかぶっていた机、子どもが小学校の頃に使っていた机の上にMacBookを置いて、画面を覗きこんでいる。 恐ろしいことに、椅子も当時の彼らが使っていたものを使っている。ケツが痛く…

オンライン英会話 その2

毎日25分、延べにして既に8時間の英会話を続けている。 1日1本の英文ニュース記事を読んで、その内容に関する話をする。とても聞き取り易い英語を話す先生もいれば、癖のある発音の先生もいる。 なによりも、相手が居て話さなければならないとなると、…

オンライン英会話

自分自身の伸長がどのようなものであるのか面映い。もう10年以上経ったというのに、変化も成長の兆しも見当たらない。 勿論、糸井重里の言うところの「カメのスピードのロケット」を目指している俺だから、ここで焦ることはないと自らを戒めはするものの、…

LIFE!

映画『LIFE!』予告編 - YouTube 想像していたのとは違って子ども向けの要素が多くて面食らった。意識をどのレベルで同調させていけば良いのか分からないままに、「あれ?ひょっとしてこれは映画代がもったいないことになるやつかな…?」と思っていた。 主人…

The Rolling Stones

最終日の東京ドームに行ってきた。 インターネット申し込みの抽選チケットに当選したのだ。良いお席がお約束されるものではありませんとの但し書きがあったし、そもそもこういうもので当選した例がないので、期待しないで結局当日券でも良いというつもりでい…

出る順で…

出る順で最短合格!英検1級 単熟語 作者: 日本アイアール編 出版社/メーカー: ジャパンタイムズ 発売日: 2008/10/20 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 3人 クリック: 7回 この商品を含むブログ (34件) を見る 一年ぶりに英検も受検してみた。結果は、…

ご無沙汰してます

Toeicを受検しました。この自分のしつこさ。なかなか悪くないと思います。その結果もまだ出る前に、英検にも出願しました。学生みたいなこの感じ良いでしょ?学生たちに伝えて下さい。「失うものの何ひとつ持っていない君たちならば、当たって砕けることこと…

そうだ石川淳を読もう

昨日の話の補遺として…。 『狂風記』を読んだのは大学生の頃だ。まだその頃は下宿する前で、大学まで1時間弱かけて通っていた。その電車の中で少しずつ読み進めて行った。辞書もなしで読み進む。「辞書もなしで」と書いたのは、時として難解で、その難解さ…

Time magazine

定期購読をし始めてもう3年になる。『Newsweek』か『Time』かと言われたその『Time』だ。 読んでいるかと言えば読んではいない。手にとっているというのが正確だろう。でも、その背伸びが良いんじゃないかと思っている。いたいけな中学生が『週刊文春』の「…

Toeic受検 

今日、Toeicを受検してきた。相変わらず特に準備をせずに、だ。本当は充分な準備をして今日を迎えるつもりだったのだが、1日1日と日を送るうちに、ノー勉で受検してどれくらいの点数になるか測ってみようという方向に転換した。 せざるを得なくなったと言…

ひとりでいること

ひとりになってみるという話だ。ひとりでいる人を見ると、俺は不安になる。自分がそうやってひとりになってしまった時のことを考えるからだろうか。逆にひとりでも堂々としている人は、俺を安心させるどころか、励ましてくれる。何故なのか。 紹介したいのは…

秋の夜長的雑感

結局、読めなかった『誰がために鐘は鳴る』もそのままに、『Up』すなわち、『カールじいさんの空飛ぶ家』を買い込み、『Memoirs of Geisha』を買い込み、『罪と罰』を買い込んだ。 ラダーシリーズで、比較的読みやすい英文に沢山触れようという作戦だ。 財布…

ひと夏の挑戦

ひと夏という括り方をしてしまうのは、少年時代の「夏休み」という感覚で培われたタイム感なのだろう。実際、「このひと秋かけて」とか「ひと春でどれくらいの達成ができるのか云々」とは言わないだろう。言ったとしてもしっくり来ない。 さてこそ、俺のこの…

あれ

したいと思うことは何でもしてきた。多分、高校くらいから英語が出来るようになりたいと思ってきた。 今、「出来る」とは言えないが、こちらの記事にある「小学校高学年」ぐらいの理解力は身についたと感じている。その力を付けようと思い立ってから、もう4…

Toeic受検

もうこうやって年に何回かToeicの試験を受けるようになって10年が過ぎた。…もっとかも知れない。 そして、今日。 試験会場だった某大学は「空調設備の使用が6月以降と定められている」とのことで、この暑い日に、エアコンなし、しかも当然リスニング中は…

だって眠い

実はこの写真を撮った時から既にひと月が経過している。 眠いのだ。 白昼夢は妄想を掻き立てる。俺は、ハワイ大学に留学してワイキキでロングボードに乗る。「乗りたい」ではなく、「乗る」。朝まだき、砂浜をボードを抱えて歩く俺の姿が目に浮かぶではない…

叙々苑で焼肉

何事にもライバルは必要だ。今日、英検の準1級に合格した年下の友人が「オッサン、先に1級に合格した方が叙々苑で焼肉をおごってもらえるっていうの、どう?」と言ってきた。 そんな誘いを断る俺ではない。「おうよ」とばかりに乗った。 問題は、それを受…

蟄居

熱こそ下がったものの、排菌状態下にある為出勤は遠慮せよという日本医師会の勧告に素直に従い、一日部屋に居た。文字通りだ、部屋に居た。六畳の寝室に居て、本を読み、呼ばれれば食事の為にリビングに行くが、済ますとまた六畳に戻る。 一日であれば、何の…

英検受検報告

毎度毎度の繰り言のようになってしまって、誠に恐縮ではあるが、今回もまた残念な結果になっている。昨日が受検、今日がその解答公表ということで、自己採点の結果が、その残念なものだ。 4択問題を2択まで絞り込むことは出来ているとか、リスニングに関し…

JBと清志郎、あとミック・ジャガーがちょっと

へこたれて甘えそうになる時、例えば、ふと知り合った爺さんが会社役員で、いざとなったら黄門様の印籠をかざすようなことをしてくれないかなんて妄想する。憧れの職業に就いている友人が、ひょんなきっかけで俺をヘッドハンティングしてくれる。 そんな妄…

Kindle Paperwhiteについて

とうとうポチッとしてしまった。 というのもこのように思っていたからだが、まずは、iphoneのkindleアプリで、シドニー・シェルダンを読んでみた。相変わらず語彙が少ないので、分からない単語だらけだ。試しにその単語に触れてみると、辞書が起動して意味…

シドニー・シェルダン『女医』

女医〈上〉作者: シドニーシェルダン,Sidney Sheldon,天馬龍行出版社/メーカー: アカデミー出版発売日: 2000/04メディア: 単行本 クリック: 5回この商品を含むブログ (6件) を見る シドニー・シェルダンの『女医』、原題を『Nothing Lasts Forever』という。…

英検受検 事後報告補遺

加齢のせいとか言ってはいけない。 それを「問題の外在化」と呼ぶのだ。失敗したのは、俺の準備が足りなかったからだ。それ以上でもそれ以下でもない。「以上」「以下」とは変な言い方だが、要するに準備不足に尽きるということが言いたいのだ。 今日、模範…

英検受検 事後報告

加齢による困難とはこういうことを言うのだろうか。 そんな書き出しの言葉は読みたくもないだろうが、書きたくもない。しかし、腰が抜けたようになっている。たかだか2時間程度の検定で、そんなになってしまった。腰が痛い。腿の裏側に乳酸が溜まっている…

私的英検対策

そんなわけで、昨日から今にかけてしていたこと。大方の参考にはならないと思うのだけれど、ひょっとしたらと思い書いておく。 寝酒はせずに睡眠導入剤も飲まずに寝る。以前、ガッツリ寝て、スッキリした頭で試験を受けようと思い、早い時間に布団に入った…

一週間で終わらせろ 三代目魚武濱田成夫

随分と昔の話だが…その本を手に取ったのは、本当に偶然だった。平積みにされていることの効果というものを信じずにいられない。品川駅の構内にある書店で、平台の角に積まれていた文庫だった。 表紙に字だけが書いてあって『駅の名前を全部言えるようなガキ…

ペントハウス

ヴァーチャル・ヰタ・セクスアリスという記事で、俺が本を読むきっかけになったのは、宇能鴻一郎や川上宗薫、西村寿行や平井和正など父の本棚に押し込められていた小説雑誌に載っている小説がいやらしかったからだと書いた。 そして気付いた。 そうだ。幼い…

シルバー留学

ビートルズのイエローサブマリンに「オール・トゥゲザー・ナウ」という曲がある。その曲を初めて聞いたのは、中学生。同名の映画を見た時だ。すぐにレコードを手に入れて、歌詞版を見ながら聞いてみた。「All」…習ったことある。「together」…難しい単語だ…

Simon says.....

最初にイギリスに行った時、語学学校は迷わなかった。なにしろ何も分からないから、友人の勧めを鵜呑みにするしかなかった。そう言うと悪かったみたいだけれど、とても良かったんだ。 最初に施設の説明をされる。図書室に案内されて、新聞を何誌か紹介された…

コミュニケーションスキル あるいは正しい英会話

マルタ島にあるホテルの前で、パーチャビルという繁華街まで行くバスを待っていた。 マルタ人はマルタ語を話す。しかし観光が重要な産業なので英語も公用語として使われる。そこで、ヨーロッパの非英語圏の人たちが、バカンスも兼ねて英語の勉強をしに来る…

Got My Mojo Working

マディ・ウォータースと言えば、ブルースの演奏や録音にエレキ・ギターを使ったその最初期の人物として知られている。ちょび髭を生やし、漫画家のみうらじゅんに言わせると「人生幸朗師匠」のように肩を怒らせて、体を左右に揺すりながら「責任者出てこい!…

Paperback

白状しよう。 英語の本、いわゆるペーパーバックと呼ばれる本を初めて買ったのは、中学3年の時だった。ビートルズ詩集。その頃、神保町辺りの古本屋街を散歩するのが好きだった。今はもう閉店してしまったタトル商会に初めて足を踏み入れたのだ。 狭くてと…

経験するということ

自分のミスにへこたれたり、同僚の愚痴にウンザリしたり、もう何処へも行けやしないんじゃないかって自棄になったりした時、ふと所用で外出した瞬間に吹く風に「あの日」と同じ季節を感じて癒される。大学の時に友人に誘われて登った山の山頂付近で夏なのに…

Toeicとの10年間

中年になってみても何も変わらない。死んだ父は「70歳になってみると、40代、50代なんて何でもできたと思う」と言っていた。 そう何も変わらない。 変わったことがあるとしたら、諦めることが容易になったということ。「まぁ、良いか」って気持ちに切…